ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 副業・兼業

副業・兼業

副業・兼業

厚生労働省では、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日 働き方改革
実現会議決定)
を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図っています。

副業・兼業

施策情報

副業・兼業の促進に関するガイドライン

平成30年1月、副業・兼業について、企業や働く方が現行の法令のもとでどういう事項に留意すべきかをまとめた
ガイドラインを作成しました。
 ⇒ 副業・兼業の促進に関するガイドライン

モデル就業規則

平成30年1月、モデル就業規則を改定し、労働者の遵守事項の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」
という規定を削除し、副業・兼業について規定を新設しました(第14章第67条)
 ⇒ モデル就業規則

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」パンフレット

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の解説や、副業・兼業に関するモデル就業規則の規定をまとめたもの
です。
 ⇒ 「副業・兼業の促進に関するガイドライン」パンフレット

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」 Q&A

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の補足資料として、Q&Aをまとめています。
  ⇒ 「副業・兼業の促進に関するガイドライン」 Q&A

柔軟な働き方に関する検討会

平成29 年10 月から12月まで「柔軟な働き方に関する検討会」を開催し、副業・兼業等の柔軟な働き方について、
課題の把握やガイドラインの策定等に向けた検討を行いました。
 ⇒ 柔軟な働き方に関する検討会

 

その他

中小企業庁においても、 副業・兼業に関する報告書等をまとめています。
 ⇒ 兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する調査事業研究会提言
 ⇒ 兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集

ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 副業・兼業

ページの先頭へ戻る