ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 出産や手術で大量出血した方等へ

出産や手術で大量出血した方等へ

 出産や手術で大量出血した方などには、止血等のために、フィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤(ヒトの血液から作られた医薬品)が投与されていた可能性があり、これらの製剤の投与により、肝炎ウイルスに感染した可能性があります。
   
 
これらの製剤の投与により C 型肝炎ウイルスに感染した方は、国を相手取った裁判を起こし、裁判の中で、1.フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤が使用されたこと、2.その医薬品が使用されたことによってC型肝炎ウイルスに感染したこと、3.症状、を確認することができれば、給付金の支給を受けることが可能です。この給付金を受けるためには、 2023年(平成35年)1月16日まで に国を相手取った裁判を起こさなくてはなりません。

まずは「肝炎ウイルス検査」を受けましょう

  給付金を受け取るためには、C型肝炎ウイルスに感染していることを証明する必要があります。また、感染していた場合、早期治療が大切です。 まずは、C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかの検査を早急に受けましょう。保健所又は自治体が委託する医療機関であれば、概ね無料で検査を受けることができます。肝炎ウイルス検査の詳細は、以下厚生労働省の「肝炎総合対策の推進」のサイトや、 「知って、肝炎」プロジェクトの特設サイトをご参照ください。

「肝炎総合対策の推進」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/hepatitis_kensa.html

「知って、肝炎」プロジェクト
http://www.kanen.org/qanda/

ページの先頭へ戻る

給付金について

給付金の支給を受けるには、2023年(平成35年)1月16日までに国を相手取った裁判を起こすことが必要です

 出産や手術での大量出血などの際、フィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染された方々に対しては、法律に基づき給付金を支給する制度があります。
 給付金の支給を受けるには、国を相手取った裁判を起こし、裁判の中で、1.フィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤が使用されたこと、2.その医薬品が使用されたことによってC型肝炎ウイルスに感染したこと、3.症状、の確認を受けることが必要です。国を相手取った裁判は、 2023年(平成35年)1月16日まで に起こさなくてはなりません。

 詳細は、以下厚生労働省の「出産や手術での大量出血などの際に、血液から作られた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)の投与によりC型肝炎ウイルスに感染した方へのお知らせ」のサイトをご参照ください。 また、裁判に関しては、最寄りの弁護士会などにご相談ください。

「出産や手術での大量出血などの際に、血液から作られた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)の投与によりC型肝炎ウイルスに感染した方へのお知らせ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/fivwakai/index.html

ページの先頭へ戻る

医療機関への診療録(カルテ)等開示請求に関する資料の請求について

 裁判の中で、フィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤が使用されたことを確認する場合、 その医薬品が使用された当時の診療録(カルテ)あるいはこれに代わる証拠により判断がなされます。 出産や手術を受けた医療機関に、その当時の診療録(カルテ)やこれに代わる証拠の提供を求めようとしている方は、以下の長崎医療センター肝疾患相談支援センターの「輸血・血液製剤投与を受けられた医療機関への診療録(カルテ)等開示請求に関する資料の請求について」のサイトをご参照ください。

長崎医療センター肝疾患相談支援センターの「輸血・血液製剤投与を受けられた医療機関への診療録(カルテ)等開示請求に関する資料の請求について」

http://nagasaki-kan.jp/
http://nagasaki-kan.jp/2016/12/post-7.html

フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤が納入されていた医療機関に関する情報

・フィブリノゲン製剤納入先医療機関リスト(リンク先ページの下段参照)

 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000068791.html

 

・血液凝固因子製剤納入先医療機関リスト(リンク先ページの下段参照)

 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/07/h0701-2/index.html

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

・上記について、ご不明な点等がございましたら、下記までお問い合わせください。
  (フリーダイヤルは、携帯電話、公衆電話からもご利用いただけます。)

 ◎厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口
 フリーダイヤル  0120-509-002
 受付時間:9:30 18:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)  
   
・給付金の請求について、ご不明な点等がございましたら、下記までお問い合わせください。
 (フリーダイヤルは、携帯電話、公衆電話からもご利用いただけます。)

 ◎(独)医薬品医療機器総合機構
 フリーダイヤル  0120-780-400
 受付時間: 9:00 17:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)

ページの先頭へ戻る


・出産や手術で大量出血した方などへ(政府広報オンライン)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 出産や手術で大量出血した方等へ

ページの先頭へ戻る