ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 巻貝(キンシバイ)による食中毒について(注意喚起)

巻貝(キンシバイ)による食中毒について(注意喚起)


キンシバイは、一般に市場に流通している貝ではありませんが、テトロドトキシン(※)をその体内に蓄積することで、食中毒の原因となることがあります。
キンシバイを採取しても、摂取しないよう十分注意をして下さい。

※食後20分から3時間程度の短時間でしびれや麻痺症状が現れます。
  麻痺症状は口唇から四肢、全身に広がり、重症の場合には呼吸困難で死亡することがあります。

 → 詳しくは、「自然毒のリスクプロファイル:巻貝(フグ毒 キンシバイ類などの肉食性巻貝)」へ

 【キンシバイによる食中毒事例】

  平成19年   1件   長崎県  
  平成20年     1件   熊本県
  平成27年   1件   長崎県


 

生活衛生・食品安全部 監視安全課 水産安全係
(内線2454)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 巻貝(キンシバイ)による食中毒について(注意喚起)

ページの先頭へ戻る