ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 食中毒の原因(細菌以外) > 釣りをされる皆様へ

釣りをされる皆様へ


釣ったフグはどうすればいいの?

フグは毒を持っているため、食中毒の原因となることがあります。

釣ったフグを食べる場合は、都道府県知事等が認めた専門のフグ取扱者・施設に処理を依頼しましょう

また、ひとに譲らないでください。

フグの素人調理には危険がいっぱい!

フグによる食中毒

 ○ 60代男性
  フグを釣り、自分でさばいて、フグの内臓の煮付けを食べた方が死亡しました。


 ○ 60代男性

  釣り仲間が釣ったフグをもらい、自分で刺身にして食べた方が死亡しました。

 ○ 50代、60代の両親と10代の子
  知人が釣ったフグをもらい、自分で刺身、煮付けに調理して食べた家族3人が手足のしびれを発症しました。


フグによる食中毒の多くが、自分で釣ったフグを自分で調理したものです。
同じように、フグを釣った人からフグを譲り受け、自分で調理して食中毒になった方もいます。
また、自分で釣ったフグを、フグの調理の資格のない飲食店に持ち込んで調理してもらい、食中毒になった事例もあります。

フグの有毒部位はフグの種類によって違うこと、フグの毒には個体差があることから、
「一度食べて大丈夫だったから」という考えは、死亡事故の原因となります。

→ 家庭での食中毒発生状況はこちら。

 

厚生労働省生活衛生・食品安全部監視安全課

水産安全係

電話 03-5253-1111(内線2491・4238)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 食中毒の原因(細菌以外) > 釣りをされる皆様へ

ページの先頭へ戻る