ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 職業能力評価・技能振興 > 職業能力評価基準について

職業能力評価基準について

職業能力評価基準について

「職業能力評価基準」とは、仕事をこなすために必要な「知識」と「技術・技能」に加えて、「成果につながる職務行動例(職務遂行能力)」を、業種別、職種・職務別に整理したものです。

わが国の「職業能力評価制度」の中心をなす公的な職業能力の評価基準です。下図のように採用や人材育成、人事評価、さらには検定試験の「基準書」として、様々な場面で活用できるものとなっています。

平成14年度から、業種横断的な事務系職種のほか、電気機械器具製造業、ホテル業などものづくりからサービス業まで幅広い業種を整備しています(平成24年2月現在:46業種)。今後も新たな業種を開拓していきます。

また、職業能力評価基準をもとに、企業が人材育成に取り組むに当たって、より簡単に利用できるツールとして、「キャリアマップ」と「職業能力評価シート」を作成しています。現在、スーパーマーケット業、電気通信工事業、ホテル業、在宅介護業について整備しています。

キャリアマップ評価シート

制度の紹介

活用事例

ダウンロード

担当:職業能力開発局能力評価課 評価基準係(内線5936)


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 職業能力評価・技能振興 > 職業能力評価基準について

ページの先頭へ戻る