ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > 技能検定・職業能力評価制度

技能検定・職業能力評価制度

このページでは、労働社会における職業能力評価制度の整備(技能検定制度、職業能力評価基準)について紹介しています。

施策紹介

働く人々の雇用の安定、円滑な就職、社会的な評価の向上などを目的とした、働く人々の有する技能の程度を検定する国家検定制度です。

職業能力が適正に評価される社会基盤づくりを進めるため、職業能力を客観的に評価する仕組みとして、職業能力評価基準の策定に取り組んでいます。

働く人々が習得した職業能力の程度を測る社内独自の検定試験のうち、一定の基準を満たし、さらに働く人々の技能習得意欲を向上させることなどに貢献すると認められるものを厚生労働大臣が認定する制度です。

ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > 技能検定・職業能力評価制度

ページの先頭へ戻る