ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 労働者の方へ > 地域若者サポートステーションって何?

地域若者サポートステーションって何?

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)では、働くことに悩みを抱えている15歳〜39歳までの若者に対し、キャリア・コンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っています。

サポステは、厚生労働省が委託した全国の若者支援の実績やノウハウのあるNPO法人、株式会社などが実施しています。

※ 全国のサポステに関する情報はサポートステーションネット

サポステの支援対象者

「働きたいけど、どうしたらよいのかわからない・・・」、「働きたいけど、自信が持てず一歩を踏み出せない・・・」、
「働きたいけど、コミュニケーションが苦手で・・・不安」、「働きたいけど、人間関係のつまずきで退職後、ブランクが長くなってしまった・・・」など、働くことに悩みを抱えている15歳〜39歳までの若者の就労を支援しています。

サポステのサービス

サポステでは、以下の様々なサービスを行っており、その多くを無料で受けることができます。

※臨床心理士等による心理カウンセリングや、実費を必要とするプログラムなど、一部のサービスについては有料の場合があります。
※基本的にサポステでは職業紹介は行っておりません。

1 サポステ相談支援事業

写真

  • キャリア・コンサルタントなどによる職業的自立に向けた専門的相談
  • 各種就職支援プログラム(職場体験など)
  • 各種セミナーを通じた啓発、他の若者支援機関への誘導

2 定着・ステップアップ事業

写真

  • サポステ卒業者を対象とした職場定着相談及びより安定した雇用を目指すためのステップアップ相談
  • サポステ卒業者を対象とした懇談会の実施

3 若年無業者等集中訓練プログラム事業  ※一部のサポステで実施

 合宿形式を含む生活面等のサポートと職場実習の訓練を集中的に実施。

  • 職場実習(OJT訓練)による基礎的能力の付与
  • 基礎的資格の取得支援
  • 就職活動の基礎知識等の獲得
 

サポステのネットワーク

サポステでは、以下の様々な機関とネットワークを結ぶことで、皆さんの働くことについてのさまざまな悩みに対応します。

  • 就労支援機関(ハローワーク、ジョブカフェなど)
  • 教育機関(高校、教育委員会など)
  • 保険・福祉機関(発達障害者支援センター、精神保健福祉センター、福祉事務所など)
  • 行政機関(地方自治体の若者自立支援担当部署など)
  • 地域社会(自治会、町内会など)
  • ニート等の若者の支援を実施しているNPO法人

ほかにもさまざまな団体とネットワークを構築しています。

サポステ設置地域では、国と地方自治体とが一体となって、若者支援機関により構成されるネットワークを構築しています。
サポステは、これらのネットワークの拠点として機能しています。

地域若者サポーステーションとネットワークによる支援の流れ

図:地域若者サポーステーションとネットワークによる支援の流れ

サポステのロゴマークについて

サポステのロゴマークは花をイメージしており、ネットワークによる支援を意味しています。

ロゴの中心にある円がサポステを指し、中のオレンジが若者を意味します。円の外にある4つの円(花びらにあたる部分)は「就労支援機関」「教育機関」「保健福祉機関」「民間支援団体」を示します。

サポステと地域の様々な機関が連携を結び、支援を必要としている若者が「花開く」よう、適切な支援を行っていく、という意味が込められて、このロゴマークは作られています。
※平成27年12月にロゴマークをリニューアルしました。

旧ロゴマーク






サポステ特設サイト

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 労働者の方へ > 地域若者サポートステーションって何?

ページの先頭へ戻る