ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > ハロートレーニング > ハロートレーニング(障害者訓練)

ハロートレーニング(障害者訓練)

障害のある方を対象にして、その状況に配慮したきめ細かい訓練を実施しています。受講を希望される方はお近くのハローワークへご相談ください。

  • ビジネス情報系の訓練風景
    ビジネス情報系の訓練風景
  • 自動制御の訓練風景
    自動制御の訓練風景
  • 電子機器組立の訓練風景
    電子機器組立の訓練風景
  • アビリンピック(喫茶サービス部門)の風景
    アビリンピック(喫茶サービス部門)の風景

1.障害者職業能力開発校

障害者職業能力開発校を全国19箇所に配置し、重度障害者などを対象に、その障害者に配慮したきめ細かい職業訓練を実施しています。

・訓練期間:3月〜1年

・主な訓練コース:OA実務科、機械CAD科、医療事務科 等

2.一般の職業能力開発校

一般の職業能力開発校への精神障害者や発達障害者等を対象とした職業訓練コースの設置を推進し、職業訓練機会の拡充を図っています。
・訓練期間:6月〜1年
・主な訓練コース:OA実務科、販売実務科 等

3.障害者の態様に応じた多様な委託訓練

企業、社会福祉法人、NPO法人、民間教育訓練機関など多様な委託訓練機関を活用し、障害のある方と企業双方のニーズに応じた弾力的かつ機動的な訓練を全都道府県において実施しています。
・訓練期間:3月〜6月
・主な訓練コース:OA実務科、実務作業科、介護サービス科 等

4.障害者の技能に関する競技大会(アビリンピック)の開催

障害のある方の職業能力向上を図るとともに、広く障害者の職業能力に対する社会の理解と認識を深め、その雇用の促進をはかることを等を目的としてアビリンピックが開催されています。
詳細はこちら

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > ハロートレーニング > ハロートレーニング(障害者訓練)

ページの先頭へ戻る