ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律の施行について

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律の施行について

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律の施行について

 標記法律については、平成25年4月に閣法として閣議決定され、同年6月に可決・成立、同月19日に公布され、一部を除き、平成26年4月1日から施行されます。
 本法律では、平成26年4月1日から、保護者制度が廃止され、医療保護入院の要件を精神保健指定医1名の診断と家族等のいずれかの者の同意に変更し、また、病院の管理者に退院後生活環境相談員の設置等の義務が新たに課されることとなります。
 このページでは、本法律の概要や関係情報を照会します。詳しくは以下の資料をご覧下さい。
 なお、精神保健福祉法の制定経緯や詳細事項等については、「サイト内リンク みんなのメンタルヘルス総合サイト」をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律の施行について

ページの先頭へ戻る