ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 戦没者遺族等への援護 > 戦没者遺族等への援護分野のトピックス > 戦没者等援護関係資料の国立公文書館への移管について

戦没者等援護関係資料の国立公文書館への移管について

厚生労働省では、旧陸海軍等が作成した人事関係等資料を含む戦没者等援護関係資料を保管し援護関係業務に使用していますが、これらのうち、保存期間が満了した歴史資料として重要な公文書等(業務において引き続き保有を要するものを除く。)については、その適切な保存及び利用等を図るため、平成23年度から戦後70周年にあたる平成27年度までの5年間で、国立公文書館へ概ね移管いたしました。

《これまでに移管した資料名》(平成28年5月現在)

1   海軍死没者功績明細書(約1,400冊)

2  海軍軍人軍属死没者原簿(約1,400冊)

3  軍人軍属功績調査票(海軍)(約3,200冊、マイクロフィルム 約500本)

4  各地上陸者名簿(海軍)(約120冊)                                                                                               

5  帰還者カード(海軍)(約260冊)

6   復員業務従事者名簿(海軍)(約370冊)

7   軍人本籍地名簿(海軍)(約220冊)

8   徴用船員カード(海軍)(約50冊)

9   留守名簿(北方、南方、沖縄、支那、航空、船舶)(陸軍)(約8,000冊)

10  陸軍部隊略歴(約270冊)

11  陸軍除隊召集解除者連名簿(約2,260冊)

12  陸軍身上申告書(約3,780冊)

13  陸軍復七名簿(約50冊)

14  旧ソ連邦政府等提供資料(約100冊、マイクロフィルム 約2,300本)

15  引揚者在外事実調査票(約1,700冊)

16  中共帰還者身上申告書(約60冊)

17  遺骨遺留品名簿(約430冊)

18  ふ虜カード( 998冊)

19 死亡者連名簿(陸軍人事資料)(約2,360冊)

20 陸軍連合軍関係文書(約280冊)

21 留守名簿(副等)(陸軍)(約720冊)

22 将校名簿(陸軍)(約190冊)

23 陸軍軍属船員カード(約670冊)

24 陸軍工金カード(約660冊)

25 陸軍高等官名簿(12冊)

26 入院患者名簿(陸軍)(約2,070冊)

27 海軍連合軍関係文書(約600冊)

28 軍人叙位叙勲履歴表(海軍)(約1,150冊)

29 士官名簿(海軍)(約190冊)

30 ソ連邦抑留死亡者名簿(翻訳)(18冊)

31 軍人傷痍記章カード(陸軍)(約70冊)

32 病床日誌・入院患者名簿(陸軍)(約70冊)

33 開拓団在籍者名簿(約130冊)

34 義勇隊名簿(約90冊)

35 県別移動経路票(約50冊)

36 職域名簿(旧満州等)(約160冊)

37 開拓団実態調査表(約40冊)

38 邦人死亡者索引簿(約70冊)

39 中共帰還者名簿(10冊)

40 中共乗船者名簿(11冊)

41 省別帰還者名簿(旧満州等)(約30冊)

42 外地引揚調査票(約810冊)

43 引揚者名簿(約520冊)

44 総動員関係死亡者名簿(約70冊)

  (注)国立公文書館で一般の利用に供されるまでには、一定の時間がかかります。

〈お問い合わせ先〉

厚生労働省社会・援護局 援護・業務課援護情報管理室
電話 03-5253-1111 (内線)3453

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 戦没者遺族等への援護 > 戦没者遺族等への援護分野のトピックス > 戦没者等援護関係資料の国立公文書館への移管について

ページの先頭へ戻る