ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 生活保護・福祉一般 > 介護福祉士資格を取得した留学生に対する在留資格「介護」の創設について

介護福祉士資格を取得した留学生に対する在留資格「介護」の創設について


  平成28年11月28日に「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」(平成28年法律第88号)が公布され、我が国の介護福祉士養成施設を卒業して介護福祉士国家資格を取得した留学生に対して、国内で介護福祉士として介護又は介護の指導を行う業務に従事することを可能とする在留資格「介護」が新たに創設され、公布の日から起算して1年以内に施行されることとなっています。(施行日は現時点で未定)
  今般、同法を所管する法務省において、平成29年4月から施行日までの間に、在留資格「介護」に該当する活動を開始しようとする外国人から、在留資格変更許可申請又は上陸申請があった場合には、在留資格「特定活動」を許可することにより、介護福祉士として就労することを認める特例措置の実施が公表されました。この特例措置により、本年3月に養成施設を卒業予定の留学生及び過去に養成施設を卒業した元留学生が、本年4月以降介護福祉士として国内で就労することが可能となります。(本特例措置の詳細は こちら (法務省入国管理局HP))
  今後、本制度の施行に向けて、随時情報を公表してまいります。

ページの先頭へ戻る

1 新着情報

  • その他 2017年2月23日 掲載サイトを開設しました。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

3 関係資料

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

5 照会先

厚生労働省福祉基盤課福祉人材確保対策室
TEL03−5253−1111(内線2894、3146)

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 生活保護・福祉一般 > 介護福祉士資格を取得した留学生に対する在留資格「介護」の創設について

ページの先頭へ戻る