ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 職場における化学物質対策について > 「化学物質のリスクアセスメントのための製造・流通側での危険有害性情報の提供」講習会のご案内

「化学物質のリスクアセスメントのための製造・流通側での危険有害性情報の提供」講習会のご案内

適切なラベル表示・SDS通知の実施に関する講習会を開催します

(平成27年度化学物質取扱業種におけるリスクアセスメント支援活動促進事業)

 労働安全衛⽣法の改正に伴い、危険有害性のある特定の化学物質を使⽤する事業者には、リスクアセスメントの実施が義務付けられ、平成28 年6 ⽉1 ⽇から施⾏されます。
 リスクアセスメントを⾏うためには、取り扱う化学物質の危険有害性情報が的確に伝達されることが不可⽋です。対象の化学物質を含む製品を供給・販売する事業者には、製品の容器等へのラベル表⽰と、出荷先事業者への安全データシートの提供が義務付けられています。
 この講習会では法改正の内容と製造・流通側の事業者による情報提供の進め⽅について具体的に説明します。
 化学物質に関わるメーカー、サプライヤー等の多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 ご参加を希望される方は、事業の委託先である株式会社三菱化学テクノリサーチホームページをご覧の上、FAXまたはメールによりお申し込みください。
※ご希望者多数のため、東京会場の受付は終了いたしました。

(※) 本講習会は、厚生労働省から、株式会社三菱化学テクノリサーチに委託して実施しております。

 

お問い合わせ先

講習会事務局:
株式会社三菱化学テクノリサーチ 調査コンサルティング1部 
TEL:050−3171−1162
FAX:03−6893−6440
E-mail:MCTR-HO-HIR@cc.mctr.co.jp

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 職場における化学物質対策について > 「化学物質のリスクアセスメントのための製造・流通側での危険有害性情報の提供」講習会のご案内

ページの先頭へ戻る