ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 職場における化学物質対策について > 作業環境測定関係

作業環境測定関係

 労働安全衛生法第65条の規定により、有害な業務を行う屋内作業場のうち、政令で指定された作業場では、定期的に作業環境測定を行う必要があります。
 このページでは、作業環境測定に関する情報を掲載していく予定です。

Q&A

平成27年9月15日付けで、作業環境測定法についての質疑応答集(Q&A)を策定しました。

委託事業の報告書

研究機関等作業環境実態把握業務

 従来の作業環境測定方法では、実験等で少量多種の化学物質を不定期に取り扱う研究室の作業環境の管理状態は適切に評価できず、測定結果が実験室内の局所排気装置の点検等に適切に活用できていない懸念が指摘されています。
 このため、企業や大学の研究機関における作業環境管理の現状に関する実態を調査するとともに、従来の作業環境測定手法や個人サンプラーを用いた測定方法の適用可能性についての比較調査などを実施し、研究機関における作業環境管理のあり方について検討することを目的とした事業です(平成27年度までの2か年計画)。

ページの先頭へ戻る

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 職場における化学物質対策について > 作業環境測定関係

ページの先頭へ戻る