ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 水道対策 > 水道水質情報 > 水道水質基準 > 水道水質基準について > 水質基準省令の改正等について 平成20年4月1日施行

水質基準省令の改正等について 平成20年4月1日施行

水道水質基準について


水質基準省令の改正等について

平成19年11月15日
厚生労働省健康局水道課
水道水質管理室

○ 水質基準項目への塩素酸の追加について

  水質基準項目に塩素酸が追加されることとなりました。基準値は、「0.6mg/l以下」となり、平成20年4月から施行されます。また、水道施設の技術的基準を定める省令では、浄水又は浄水処理過程で注入される薬品に対する基準(薬品基準)として、塩素酸が設定されていますが、新しく設定される水質基準値と同じ値となっていることから、水道原水においても塩素酸が検出されている事例があることを考慮して、「0.4mg/l以下」に引き下げることとしました(ただし、経過措置により、平成22年度までは、「0.5mg/l以下」)。

○ 水質管理目標設定項目の見直しについて

  水質管理目標設定項目に従属栄養細菌が追加されることとなりました。目標値は、「1mlの検水で形成される集落数が2,000以下(暫定)」となります。また、農薬類の対象農薬リストにフィプロニル(殺虫剤)が追加されます。目標値は、「0.0005mg/l」となります。それぞれ平成20年4月から適用されます。

関係資料

1.水質基準に関する省令の一部を改正する省令(平成19年11月14日厚生労働省令第135号)(PDF:50KB)
  新旧対照条文(PDF:49KB)
 水質基準に関する省令の一部を改正し、水質基準の表に塩素酸を加えました。平成20年4月1日に施行されます。塩素酸は消毒副生成物ですので、21番目として追加しました。21番目から31番目が消毒副生成物のグループとなり、グループ内で五十音順に並んでいます。

2.水道法施行規則の一部を改正する省令(平成19年11月14日厚生労働省令第136号)(PDF:90KB)
  新旧対照条文(PDF:298KB)
 水道法施行規則第15条により、定期の水質検査及び臨時の水質検査について、水質基準項目毎の採水の場所、検査頻度並びに検査省略可能項目について規定されています。塩素酸について以下のとおり規定しました。水道法施行規則第15条の改正については、平成20年4月1日に施行されます。

・検査に供する水の採取場所(第2号関係)

  給水栓を原則とし、水道施設の構造等を考慮して、当該水道により供給される水が水質基準に適合するかどうかを判断することができる場所を選定すること(給水栓以外での水の採取は不可。)。

・検査の回数(第3号関係)

  おおむね3箇月に1回以上(検査の回数を減らすことは不可。)。

・検査の省略(第4号関係)

  検査を省略することは不可。


3.水質基準に関する省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法の一部を改正する件(平成19年11月14日厚生労働告示第386号)
   (PDF:91KB)、新旧対照条文(PDF:245KB)
 水質基準に関する省令の改正を反映させたもので、検査項目、検査方法が改正されました。(改正後の検査方法全文については、検査方法のページをご覧ください。 )

4.水道施設の技術的基準を定める省令の一部を改正する省令(平成19年11月14日厚生労働省令第137号)(PDF:45KB)
  新旧対照条文(PDF:46KB)
 水道施設の技術的基準を定める省令の一部を改正し、別表1で定める薬品基準について、塩素酸の基準を0.6mg/l以下から0.4mg/l以下に引き下げるとともに、経過措置として、平成23年3月31日までは、0.5mg/l以下を適用することとしました。

5.水質基準に関する省令の一部改正等について(平成19年11月15日健発第1115003号)(PDF:190KB)
 水質基準項目への塩素酸 の追加、水質管理目標設定項目の見直しに関する健康局長通知を発出しました。

6.水質基準に関する省令の一部改正における留意事項について(平成19年11月15日健水発第1115002号)(PDF:463KB)
 水質基準項目への塩素酸 の追加、水質管理目標設定項目の見直し等に関する水道課長通知を発出しました。 塩素酸の水質基準と薬品基準を遵守するための留意事項、従属栄養細菌の検査における留意事項を示しています。また、「水道用薬品の評価のための試験方法ガイドラインについて」、「飲用井戸等衛生対策要領の留意事項について」の一部を改正しています。

※次亜塩素酸ナトリウムの取扱い上の留意事項については、平成20年3月に厚生労働省請負費調査「水道用薬品等基準に関する調査」の一環として、社団法人日本水道協会において水道用次亜塩素酸ナトリウムの取扱い等の手引き(Q&A) をとりまとめました。


7.関連情報(意見募集とその結果)
   水質基準省令、水道法施行規則、検査法の改正(塩素酸関係) (意見募集(1〜8ページ(PDF:493KB)、9〜13ページ(PDF:427KB)、全体版(PDF:940KB))、結果(PDF:333KB)
   水質管理目標設定項目の改正(従属栄養細菌、農薬リスト) (意見募集(PDF:406KB)、結果(PDF:213KB)
   水道施設の技術的基準を定める省令の改正(塩素酸の薬品基準) (意見募集(PDF:264KB)、結果(PDF:227KB))

 水質基準項目への塩素酸 の追加、水質管理目標設定項目の見直し、塩素酸薬品基準の改正については、改正前に意見の募集を行いました。意見募集時の資料には、関連情報として経緯や設定根拠等を示しています。

※なお、農薬類の対象農薬リストの見直しについては、テルブカルブ(MBPMC)及びジメピペレートを削除する方向で意見募集を行いましたが、浄水及び原水から検出が確認されたことから、対象農薬リストからの削除は行わないこととしました。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。
(次のアイコンをクリックしてください。) Get Adobe Reader

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 水道対策 > 水道水質情報 > 水道水質基準 > 水道水質基準について > 水質基準省令の改正等について 平成20年4月1日施行

ページの先頭へ戻る