ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働基準局が実施する検討会等 > 解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会 > 第1回「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会」を開催します




公開

頭撮り可

平成30年6月8日(金)

(照会先)

労働基準局労働関係法課

課長 大隈 俊弥

調査官 大塚 弘満

(代表電話) 03(5253)1111 (内線5370、5536)

(直通電話) 03(3502)6734


第1回「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会」を開催します

 厚生労働省は、解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的な論点について検討を行うため、学識経験者を集めて「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会」を設置し、6月12日に第1回会合を開催します。

1.日時

平成30年6月12日(火)10:00〜12:00


2.場所

中央合同庁舎第5号館 専用第22会議室(18階)
(東京都千代田区霞が関1−2−2)


3.議題

解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点について


4.傍聴者

若干名(報道関係者含む)

5.傍聴者募集要領

(1) 傍聴希望者は、電子メールにて、氏名(ふりがな)・勤務先または所属団体・電話番号を明記してお申し込みください。また、会議冒頭については、写真撮影・ビデオ撮影・録音が可能です。希望される方は、「頭撮り希望」とお書き添えください。
〔申込先〕
  厚生労働省 労働基準局 労働関係法課(担当:福岡、三石)
  メールアドレス:fk-houka@mhlw.go.jp
  ※電話及びFAXでのお申し込みは御遠慮ください。

(2) 申込締切 平成30年6月11日(月)15時00分(必着)
 希望者が多数の場合には、抽選を行います。このため、傍聴できない場合がありますのでご了承ください。抽選の結果、傍聴できない方には、事前に当省から電子メール(申し込みいただいた時のメールアドレスに送付)もしくは電話でご連絡いたします。なお、傍聴可能な方については特段の連絡等は行いません。
 ※当日は、「お申し込みの際の送信メールをプリントアウトしたもの」と「顔写真付き身分証明書(免許証、マイナンバーカード、社員証、パスポート等)」をご持参いただき、入館の際に提示してください。
 ※車椅子で傍聴を希望される方は、その旨お書き添えください。また、介助の方がいらっしゃる場合は、その方のお名前も併せてお書き添えください。
 ※複数名お申し込みの場合も、お一人ずつの記載事項をお書きください。

6.傍聴される方の注意事項

会議の傍聴にあたり、次の留意事項を遵守してください。
これらをお守りいただけない場合は、退場していただくことがあります。
(1) 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入ることはできません。
(2) 携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。
(3) 写真撮影、ビデオ撮影、録音をすることはできません(あらかじめ申し込まれた場合は、会議冒頭の頭撮りに限って写真撮影などをすることができます。)。
(4) 服装を整えて会場に入ってください。はちまき、ゼッケン、たすき、腕章等は着用しないでください。
(5) 危険な物、旗、ヘルメット、ビラ、プラカード等は持ち込まないでください。
(6) 静粛を旨とし、意見を表明するなど議論の妨害になるような行為はしないでください。
(7) 委員等の言論に対し賛否を表明し、又は拍手をすることはできません。
(8) 飲食等はしないでください。
(9) 途中での入退室はやむを得ない場合のみとします。
(10) 酒気を帯びている方、その他秩序を乱すおそれがあると認められる方の傍聴はお断りいたします。
(11) 会場及び建物の警備上の理由により身分証をご提示いただくことがあります。
(12) その他、会長及び事務局職員の指示に従ってください。

上記の注意事項に同意し、傍聴を申し込まれる方はこちらをご覧いただいた上でお申し込みください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働基準局が実施する検討会等 > 解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会 > 第1回「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会」を開催します

ページの先頭へ戻る