ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 雇用環境・均等局が実施する検討会等 > 雇用類似の働き方に関する検討会 > 「雇用類似の働き方に関する検討会」報告書を公表します




平成30年3月30日

雇用環境・均等局在宅労働課

課長補佐 永倉 真紀

(代表電話)03(5253)1111(内線7875)

(直通電話)03(3595)3273

「雇用類似の働き方に関する検討会」報告書を公表します

厚生労働省の「平成29年度在宅就業者総合支援事業」(委託事業)による「雇用類似の働き方に関する検討会」(座長:鎌田 耕一 東洋大学法学部教授)は、このほど報告書を取りまとめましたので公表します。
この検討会は、平成29年3月に決定した「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)において、雇用類似の働き方について順次実態を把握し、雇用類似の働き方に関する保護等の在り方について、法的保護の必要性を含めて中長期的に検討する必要があるとされたことを踏まえ、まずは雇用類似の働き方に関する実態等を把握・分析し、課題整理を行うため、平成29年10月から4回にわたり開催されました。
厚生労働省は、この報告書を踏まえ、今後、労働政策審議会労働政策基本部会において、雇用類似の働き方に関する保護等の在り方について、引き続き検討を行ってまいります。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 雇用環境・均等局が実施する検討会等 > 雇用類似の働き方に関する検討会 > 「雇用類似の働き方に関する検討会」報告書を公表します

ページの先頭へ戻る