ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働基準局が実施する検討会等 > 墜落防止用の個人用保護具に関する規制のあり方に関する検討会 > 第3回「墜落防止用の個人用保護具に関する規制のあり方に関する検討会」を開催します。




公開

頭撮り可

平成29年3月16日(木)

(照会先)

労働基準局 安全衛生部安全課 建設安全対策室

室長 縄田 英樹

技術審査官 夏井 智毅

(代表電話) 03(5253)1111 (内線 5486) 

(直通電話) 03(3595)3234


第3回「墜落防止用の個人用保護具に関する規制のあり方に関する検討会」を開催します。

標記について、以下のとおり開催いたしますのでお知らせします。

1.日時

平成29年3月27日(月) 10:00 〜 12:00


2.場所

経済産業省別館11階 各省庁共用1111会議室
(東京都千代田区霞が関1−3−1)


3.議題

(1)墜落防止用の個人用保護具に関する国際的な動向及び災害事例
(2)墜落防止用の個人用保護具に関する規制のあり方
(3)墜落防止用の個人用保護具の具備すべき技術的要件
(4)墜落防止用の個人用保護具の使用に関する労働者教育のあり方
(5)その他


4.出席者

検討会参集者(開催要綱別紙)

5.傍聴される方へ

○ 座席に限りがございますので、傍聴を希望される方は次の記載事項を記入して、平成29年3月22日(水)午後5時(必着)までにFAXにて別添PDF内に記載している申込先あてお申し込みください。ただし、希望者多数の場合は抽選となり傍聴いただけない場合もあります。傍聴いただけない方には、平成29年3月24日(金)午後2時までに連絡します。

記載事項
 「第3回墜落防止用の個人用保護具に関する規制のあり方に関する検討会の
傍聴希望について」
・傍聴希望者の氏名(ふりがな)・連絡先住所・電話番号及びFAX番号・(差し支えなければ)勤務先・所属団体

○傍聴される方は検討会当日、庁舎受付にて身分証明書をご提示ください。なお、専用受付を経産省別館正面玄関入口に設置する予定ですが、本検討会の受付場所は経産省別館のみとなっております。恐れ入りますが傍聴の際は経産省別館正面玄関から入構願います。

○会議の傍聴に当たっては、次の留意事項を遵守してください。これらをお守りいただけない場合は、退場していただくことがあります。

(1) 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入ることはできません。
(2) 携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。
(3) 写真撮影、ビデオ撮影、録音をすることはできません(あらかじめ申し込まれた場合は、会議冒頭の頭撮りに限って写真撮影などをすることができます。)。
(4) 服装を整えて会場に入ってください。はちまき、ゼッケン、たすき、腕章等は着用しないでください。
(5) 危険な物、旗、ヘルメット、ビラ、プラカード等は持ち込まないでください。
(6) 静粛を旨とし、意見を表明するなど審議の妨害になるような行為はしないでください。
(7) 検討会委員等の言論に対し賛否を表明し、又は拍手をすることはできません。
(8) 飲食はしないでください。
(9) 途中での入退室はやむを得ない場合のみとします。
(10) 酒気を帯びている方、その他秩序を乱すおそれがあると認められる方の傍聴はお断りいたします。
(11) 会場及び建物の警備上の理由により身分証をご提示いただくことがあります。
(12) その他、座長及び事務局職員の指示に従ってください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働基準局が実施する検討会等 > 墜落防止用の個人用保護具に関する規制のあり方に関する検討会 > 第3回「墜落防止用の個人用保護具に関する規制のあり方に関する検討会」を開催します。

ページの先頭へ戻る