ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 厚生科学課が実施する検討会等 > ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース > ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース第6回議事録(2016年3月11日)




2016年3月11日 ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース第6回議事録

厚生労働省 大臣官房厚生科学課

○日時

平成28年3月11日(木)14:00〜16:30


○場所

厚生労働省省議室(9階)


○出席者

【委員】

鎌谷委員、小森委員、斎藤委員、佐々委員、末松委員、
鈴木委員、高木委員、高田委員、辻委員、堤委員、福井委員、
藤原委員、宮地委員、武藤委員、横野委員

○議題

(1)ゲノム医療の提供のあり方について
(2)当面の対応と今後の研究開発の方向性について  
(3)その他

○配布資料

資料1 第4回、第5回タスクフォースでいただいた主なご意見
資料2 ゲノム医療の提供に必要な基本事項
資料3 がんに係る医療提供体制の現状
資料4 難病に係る医療提供体制の現状
資料5 当面の対応と今後の研究開発の方向性
高田委員提出資料 「医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラム」
小森委員提出資料 「かかりつけ医として知っておきたい遺伝子検査、遺伝学的検査 Q&A 2016」
藤原委員提出資料 「がんゲノム医療の現状と将来像(案)」
辻委員提出資料 「稀少性疾患(難病)のゲノム医療への展望」
末松委員提出資料1 「AMEDのミッションと展望 IRUD(Initiative for Rareand Undiagnosed Diseases)から開拓する医療研究開発のシステム改革」
末松委員提出資料2 「AMEDのゲノム医療実現に向けた研究開発の方向性」
参考人提出資料 「メディカル・ゲノムセンター等におけるゲノム医療実施体制の構築と人材育成に関する研究」より

○議事


(了)

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 厚生科学課が実施する検討会等 > ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース > ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース第6回議事録(2016年3月11日)

ページの先頭へ戻る