ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働基準局が実施する検討会等 > 平成27年度化学物質のリスク評価に係る企画検討会 > 平成27年度第1回化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション(意見交換会)




公開

平成27年11月11日(水)

(照会先)

労働基準局安全衛生部

化学物質対策課化学物質評価室

化学物質情報管理官 北村(5511)

(代表) 03(5253)1111

(直通) 03(3502)6756

(FAX) 03(3502)1598


平成27年度第1回化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション(意見交換会)

 厚生労働省では、労働現場で使われている様々な化学物質による健康障害を防止するため、平成18年度からリスク評価を行い、その結果を元に必要な措置を講じてきました。

 平成27年8月に公表された「化学物質のリスク評価検討会報告書」では、「塩化アリル」「クメン」「三酸化二アンチモン」「酸化チタン(ナノ粒子)」「グルタルアルデヒド」について検討され、このうち、「三酸化二アンチモン」については健康障害防止措置の検討に着手し、「塩化アリル」については、詳細リスク評価を実施することになりました。

 また、「ナフタレン」および「リフラクトリーセラミックファイバー」については、平成27年度の特化則等の改正により、特定化学物質に追加されました。

 そこで、厚生労働省では、これらリスク評価の考え方、その結果及び昨年度のリスク評価を踏まえた特化則等の改正につきまして、行政検討会のメンバー、厚生労働省担当官と、労働現場において化学物質に係わる方々や広く一般の方々のご参集により意見交換を行う運びとなりました。

 なお、この事業は厚生労働省がテクノヒル株式会社に委託して行うものです。参加申し込みはテクノヒル株式会社までご連絡ください。

1.日時

平成27年12月9日(水) 13:30〜16:30 (受付13:00〜)


2.場所

エッサム神田ホール(東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2 2階201)


ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働基準局が実施する検討会等 > 平成27年度化学物質のリスク評価に係る企画検討会 > 平成27年度第1回化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション(意見交換会)

ページの先頭へ戻る