ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 情報政策担当参事官室が実施する検討会等 > 医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会 > 「医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会」の中間まとめを取りまとめました




政策統括官付情報政策担当参事官室

参事官 鯨井 佳則(2241)

政策企画官 高木 有生(2242)

「医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会」の中間まとめを取りまとめました

 「医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会」(座長:金子郁容 慶應義塾大学政策・メディア研究科教授)では、健康・医療・介護の分野(医療等分野)での番号を用いた情報連携のあり方等について、中間まとめを取りまとめましたので、公表します(別添)。
 この研究会は、医療関係者や保険者、情報政策の有識者等により構成され、今年5月から開催されました。社会保障・税番号制度の制度設計等も踏まえ、医療等分野の情報連携に用いる番号のあり方、情報連携が想定される具体的な利用場面、番号制度のインフラの活用の考え方等について整理し、これらの検討の結果について中間的に取りまとめたものです(中間まとめまで7回開催して議論)。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 情報政策担当参事官室が実施する検討会等 > 医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会 > 「医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会」の中間まとめを取りまとめました

ページの先頭へ戻る