ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働基準局が実施する検討会等 > 国立病院・労災病院等の在り方を考える検討会 > 「国立病院・労災病院等の在り方を考える検討会」報告書の取りまとめ




平成24年2月15日

(照会先)

医政局国立病院課国立病院機構管理室

 室   長 宇口 比呂志

 室長補佐 尾崎 和郎(内線2633)

労働基準局労災補償部労災管理課

 課   長 木暮 康二

 課長補佐 飯田 剛(内線5591)

(代表) 03(5253)1111


「国立病院・労災病院等の在り方を考える検討会」報告書の取りまとめ

厚生労働省が設置した「国立病院・労災病院等の在り方を考える検討会」(座長 相川直樹 慶應義塾大学名誉教授)では、このたび、これまでの議論を踏まえた
報告書を取りまとめましたので、公表します。


「国立病院・労災病院等の在り方を考える検討会」報告書概要(PDF:244KB)


「国立病院・労災病院等の在り方を考える検討会」報告書(PDF:882KB)


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働基準局が実施する検討会等 > 国立病院・労災病院等の在り方を考える検討会 > 「国立病院・労災病院等の在り方を考える検討会」報告書の取りまとめ

ページの先頭へ戻る