ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン > 民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン

民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン

職業訓練サービスを提供する民間教育訓練機関の質の保証や向上に関する取り組みを支援します

「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」を実施中!

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構において、平成26年4月から、民間教育訓練機関の施設責任者や講師などを対象に、ガイドラインに基づくPDCAサイクルを活用した職業訓練の運営のために必要な知識及び技能を習得するための研修を実施しています(有料・申込制)。
 研修日程等については、実施予定一覧表をご覧いただき、研修を申し込まれる場合は、お近くの独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の各都道府県職業訓練支援センターにお問い合わせください。

「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」について

 「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」(以下「ガイドライン」といいます。)は、民間教育訓練機関が提供する職業訓練サービスと民間教育訓練機関のマネジメントの質の向上を目的とした、国内で初となる民間教育訓練機関のための質保証に関するガイドラインです。
 このガイドラインは、民間教育訓練機関の自発的な職業訓練サービスの質の向上を促進させることに加え、民間教育訓練機関が委託訓練、求職者支援制度における認定訓練及び教育訓練給付制度における指定講座を実施する場合においても、質の保証及び確保等をするためのツールとして策定しました。

ガイドライン策定の背景

 2010年9月に国際標準化機構(ISO)がISO29990(非公式教育・訓練のための学習サービス−サービス事業者向け基本的要求事項)(※)を発行したことを受け、我が国でも「サービスの質保証」に対する関心が高まっています。そこで、我が国の民間教育訓練機関が提供する職業訓練サービスに焦点を当て、カリキュラム、能力評価、講師等の職業訓練に関する品質の向上を図るべく、ガイドラインを開発することとしました。

※非公式教育・訓練分野の企画、開発、提供に関する共通認識を学習サービス事業者と顧客に提供すること等を目的とした国際規格。

【ガイドラインの内容】

 ガイドラインは「ガイドライン本文」に加えて、「職業訓練サービスの質の向上のための取組例」(以下「質向上のための取組例」といいます。)、「民間教育訓練機関における職業訓練サービスの質の向上のための自己診断表」(以下「質向上のための自己診断表」といいます。)で構成しています。

「ガイドライン本文」
 職業訓練サービスと民間教育訓練機関のマネジメントについて、それぞれの質の向上のための具体的な取り組みを記載しています。

「質向上のための取組例」
 ガイドラインの項にあわせて、民間教育訓練機関で実際に取り組まれている職業訓練サービスの質の向上のための実践例や更なる質の向上のための参考例を掲載しています。

「質向上のための自己診断表」
 ガイドライン本文の記載事項に対して、各取り組みの現状を自己診断(確認)するための診断表です。

上記は、下のメニューよりそれぞれダウンロードできます。

ガイドラインの活用例

ガイドラインの活用例の図

質の向上がもたらす相乗効果の図

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン > 民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン

ページの先頭へ戻る