ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > アスベスト(石綿)情報 > 事業主の方々へ > 石綿健康被害救済法に基づく一般拠出金の徴収制度について

石綿健康被害救済法に基づく一般拠出金の徴収制度について

石綿健康被害救済法に基づき、平成19年4月1日から石綿健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が必要です。
(1)[対象]労災保険適用事業主の全事業主が対象です。
(2)[納付方法]労働保険料(確定保険料)と併せて申告・納付します。
(3)[料率]一般拠出金率は1000分の0.02です。          
(4)[有期事業]平成19年4月1日以降に開始した事業(工事等)の分を申告・納付します。

(注)一般拠出金率の改正について
   平成26年4月1日から、一般拠出金率が1000分の0.05から1000分の0.02に引き下げられました。
   改正後の一般拠出金率は平成26年4月1日以降に申告事由が生じたものについて適用されます。

リーフレット「2007年(平成19年)4月1日から石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が始まります」

【分割版はこちら】

パンフレット「石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付について」

ポスター「石綿(アスベスト)健康被害救済のための「一般拠出金」の申告・納付が始まります。」

〔環境再生保全機構ホームページ→アスベスト(石綿)健康被害の救済→アスベスト(石綿)健康被害救済給付の概要→制度の概要〕

〔環境再生保全機構ホームページ→アスベスト(石綿)健康被害の救済→アスベスト(石綿)健康被害(拠出金の概要)→特別拠出金〕

照会先: 厚生労働省労働基準局

労働保険徴収課企画係

電話:03-5253-1111(内線 5160)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > アスベスト(石綿)情報 > 事業主の方々へ > 石綿健康被害救済法に基づく一般拠出金の徴収制度について

ページの先頭へ戻る