ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > ハロートレーニング > ハロートレーニング(在職者訓練)

ハロートレーニング(在職者訓練)

主に中小企業に勤める方々を対象に、従事されている業務に必要な専門知識及び技能・技術の向上を図るための比較的短期間のハロートレーニングです。



施策紹介

1   対象:主に中小企業に在職している方

2     訓練期間:2日〜5日

3     主な支援の内容

・国(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構)は、企業の生産現場が抱える課題解決のため、生産性の向上や業務改善、新たな製品づくりに必要な専門知識及び技能・技術を習得する短期間(概ね2日から5日)の在職者の方向けに訓練を実施しています。

また、主に若手・中堅社員の方向けに、長期間(2年)の訓練(ポリテクカレッジの事業主推薦制度)も実施しています。

詳しく知りたい方はこちら
  さらに、中小企業等の労働者一人一人の生産性向上を支援するため、民間機関等の教育資源を活用した「生産性向上支援訓練」を実施しています。

 

・都道府県は、機械・機器操作等の基礎的な取扱いを習得させる訓練等地域の人材ニーズを踏まえた基礎的な在職者向け訓練を実施しています。

具体的な訓練例は以下のとおりです。

 訓練例:「電気工事科」「溶接科」「機械加工科」「機械製図科」「情報ビジネス科」等

 

4     ハロートレーニング(在職者訓練)の受講をご希望の方へ

○国(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構)の実施するもの

詳細は最寄りの生産性向上支援センター( ポリテクセンター ポリテクカレッジ )にお問い合わせください。

○都道府県の実施するもの

詳細は各都道府県にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 人材開発 > ハロートレーニング > ハロートレーニング(在職者訓練)

ページの先頭へ戻る