ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > がん対策情報 > がん診療連携拠点病院等

がん診療連携拠点病院等

がん診療連携拠点病院等とは

 全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、全国にがん診療連携拠点病院を399箇所、地域がん診療病院を28箇所、指定しています(平成28年4月1日現在)。
 専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の構築、がん患者に対する相談支援及び情報提供等を行っています。

制度の内容

新たながん診療提供体制(平成26年度から)

 がん診療連携拠点病院における診療体制の向上や、基本的がん診療の更なる均てん化等を図るため、平成26年度から、次のような見直しを行います。

  • その他 がん診療連携拠点病院の指定要件の強化
  • その他 「特定領域がん診療連携拠点病院」(特定のがんに高い診療実績を持ち、都道府県内で拠点的役割を果たす病院)の新設
  • その他 「地域がん診療病院」(拠点病院のない2次医療圏で、基本的がん診療を行う病院)の新設

平成25年度までの制度の内容

現況報告

診療体制や診療実績について、がん診療連携拠点病院等が毎年報告したものをとりまとめています。
下記リンク「がん診療連携拠点病院を探す」より、御覧になりたい各医療機関情報のページにアクセスしてください。該当ページの「指定要件に関する情報1」および「指定要件に関する情報2」に現況報告が掲載されております。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > がん対策情報 > がん診療連携拠点病院等

ページの先頭へ戻る