ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表」及び「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表」について

「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表」及び「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表」について

「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表」及び「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表」について

 厚生労働省は、関係団体とともに、「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表」及び「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表」を策定し、2017年7月4日に公表しました。

施策紹介

国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表

 我が国のこれまでの健康・医療・介護の施策は、様々な縦割り構造の下、データが分散し、つながらない形で進められてきました。その結果、患者や国民が過去の健診データ や治療履歴を踏まえた最適な診断や治療を受けるためには、個人がデータ収集等を行う 必要があるなど、社会保障制度のメリットを十分実感できるものとはなっていませんでした。こうした状況を打開するため、国民や患者の意向に十分に配慮しつつ、データヘルスの推進を、これまでの「供給者目線」から、需要者である「国民、患者、利用者目線」に切り替えていかなくてはなりません。
 このため、現在、厚生労働省では「データヘルス改革推進本部」を立ち上げて、健康・ 医療・介護のデータの有機的な連結に向けた「 ICT インフラの抜本改革」や、「ゲノム解析やAI等の最先端技術の医療への導入」の具体化を始めています。これにより、 高い生産性の下、国民が、世界最高水準の質の保健医療サービスを受けられる環境を整備していきます。  
 国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表は、保健医療データプラットフォームを活用するサービスの中で、国民の健康確保に向けた健康・医療・介護のビッグデータ活用に関する施策について、その具体的な活用方策、運用・管理の在り方等を、保険者を支援する立場にあり、また、膨大な保健医療データを取り扱う審査支払機関の役割を含めて、提示するものです。

支払基金業務効率化・高度化計画・工程表

 2017年1月12日に「データヘルス時代の質の高い医療の実現に向けた有識者検討会」報告書がとりまとめられました。当該報告書では、規制改革推進会議(旧「規制改革会議」)の指摘も踏まえた審査支払機関の業務効率化や組織の見直し並びに、ビッグデータとICTを最大限活用して医療全体の発展に資する役割を新たに担うことが言及されましたが、これらを真摯に受け止め、支払基金の改革については厚生労働省としても責任を持って監督していきます。また、2016年6月に支払基金はICTを最大限活用した簡素、効率、高品質、公平・公正、透明な審査支払プロセスを見直すための具体的な提案を公表しましたが、主体的な改革を進めるために、その実現についても果敢に取り組むこととします。 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表」及び「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表」について

ページの先頭へ戻る