ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 公認心理師 > 公認心理師カリキュラム等説明会等 > 公認心理師カリキュラム等説明会の開催について

公認心理師カリキュラム等説明会の開催について

平成29年6月28日

去る平成27年9月、公認心理師法が成立し、同法の円滑な施行のため、文部科学省・厚生労働省は平成28年9月から有識者を構成員とした「公認心理師カリキュラム等検討会」を開催し、大学・大学院等において公認心理師となるために必要な科目等について検討し、平成29年5月31日に報告書をとりまとめました。この報告書を参考に、省令等を定めていく予定となっております。

つきましては、省令等の制定に先立ちまして、大学関係者等を対象に、公認心理師カリキュラム等説明会を下記のとおり開催します。


 

1.開催日時

平成29年7月31日(月)午前の部:10:0012:00(受付開始9:00
               午後の部:14:0016:00(受付開始13:00
(※)午前の部及び午後の部は同一の内容です。

2.開催場所

文部科学省3階講堂(東京都千代田区霞が関3−2−2)
案内図

3.参加対象者

報告書における公認心理師となるために必要な科目を開設・設置予定の大学、大学院又は専修学校(※)(以下「大学等」という。)の事務担当者。
 (※)専門課程(修業年限4年以上であることその他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するもの(学校教育法施行規則第155条第1項第5号)に限る。

4.定員

午前の部及び午後の部において各400

5.申込方法

・seisinhoken@mhlw.go.jp 宛て、電子メールにてお申し込みください。
・メールのタイトルは「公認心理師カリキュラム等説明会(○○の部(午前又は午後いずれかの参加希望の部)、■■大学(例)」とし、参加申込書に必要事項を記入し、メールに添付の上、お申し込みください。

6.締切り

平成29年7月14日(金)18:00

7.留意事項

・申込みされた方が多数の場合は、都合により平成30年度に設置・開設予定(希望)の大学等を優先として、先着順とします。なお、参加の可否については、平成29年7月24()17:00までに、午前又は午後のいずれか参加可能な部を明記の上、電子メールにて御連絡いたしますので、参加者におかれましては、その電子メールを印刷していただき、当日会場まで御持参ください。
・会場の収容人数により、参加者は1大学等につき2名まで(大学院を設置している大学においては、大学及び大学院を合わせて2名まで)とします。
・全体の参加者数が会場の収容人数を越えた場合、事務局で調整の上、午前又は午後のいずれかの時間に変更をお願いする場合があります。
・申込みの際に寄せられた質問のうち、多く寄せられた制度全般の質問については、当日説明する内容の参考にさせていただきます。また、時間の都合上、頂いた全ての質問には回答しかねる場合がございますのであらかじめ御了承ください。
・当日、車いすで参加を希望される方、介助の方がいらっしゃる方、その他支援が必要な方は、必ずその旨をメール本文にお書き添えください。

本件連絡先

厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部
精神・障害保健課 公認心理師制度推進室
(小池、松本、神田、渡邉)
電話:03-5253-1111(代表)(内線3113

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 公認心理師 > 公認心理師カリキュラム等説明会等 > 公認心理師カリキュラム等説明会の開催について

ページの先頭へ戻る