ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 特定行為に係る看護師の研修制度 > 看護師の特定行為研修シンポジウムを開催しました

看護師の特定行為研修シンポジウムを開催しました

平成29年3月2日(木)10時から三田共用会議所講堂にて、「看護師の特定行為研修シンポジウム」を開催しました。
約350名の方が参加されました。

当日配付資料


○ 指定研修機関となった経緯と役割
          高橋 陽子氏(美原記念病院 看護部長)※高ははしごだか

○ 看護管理者が考える、特定行為研修修了者の役割 〜利用者の声から思うこと〜
          中島 由美子氏(訪問看護ステーション愛美園 所長)

○ 特定行為研修修了者と協働しての期待する役割
          大谷 賢一氏(新小山市民病院 副院長)

○ 特定行為研修制度に係る福島県の取り組み
          阿蘇 ゆう氏(福島県保健福祉部 専門保健技師)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 特定行為に係る看護師の研修制度 > 看護師の特定行為研修シンポジウムを開催しました

ページの先頭へ戻る