ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 中小規模病院の看護管理能力向上を支援するガイド

中小規模病院の看護管理能力向上を支援するガイド

 日本全国の病院 のうち 300 床未満の中小規模病院は、 82% (平成26年度医療施設静態調査 )を占めています。今後、地域連携を推進しながら質の高い医療提供体制を構築するためには、この全国の82%を占める中小規模病院の看護管理者の能力向上が鍵となります。しかし、看護管理者が研修を受ける機会は病院規模で格差があり 、特に中小規模病院の管理者は、時間的負担や研修参加のため代替職員を確保することの困難を理由に積極的に参加できないことが明らかになっています。
 そこで、平成26・27年度厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業で、中小規模病院の看護管理能力向上支援について研究し、支援ガイドを開発しました。
 中小規模病院の看護管理者はもちろん、病院長・事務長の方々や、自治体・職能団体・グループ病院などの外部支援者の皆さんもぜひ参考にしてください。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 中小規模病院の看護管理能力向上を支援するガイド

ページの先頭へ戻る