ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 介護・高齢者福祉 > 介護・高齢者福祉分野のトピックス > 介護ロボット等導入支援特別事業(平成27年度補正予算)

介護ロボット等導入支援特別事業(平成27年度補正予算)
「介護従事者の負担軽減に資する介護ロボット導入促進事業」における支援対象介護ロボットの例示について

【事業の概要】

介護従事者の介護負担の軽減を図る取組が推進されるよう、事業者負担が大きい介護ロボットの導入を特別に支援するため、一定額以上( 20 万円超)の介護ロボットを介護保険施設・事業所へ導入する費用を助成する。

 

【支援対象とする介護ロボット】

支援対象とする「介護ロボット」とは、次の1から3の全ての要件を満たす介護ロボットであること。

1.  目的要件

・日常生活支援における、ア)移乗介護、イ)移動支援、ウ)排泄支援、エ)見守り、オ)入浴支援のいずれかの場面において使用され、介護従事者の負担軽減効果のある介護ロボットであること。

2.  技術的要件

次のいずれかの要件を満たす介護ロボットであること。

・ロボット技術(※)を活用して、従来の機器ではできなかった優位性を発揮する介護ロボット

※ア)センサー等により外界や自己の状況を認識し、イ)これによって得られた情報を解析し、ウ)その結果に応じた動作を行う介護ロボット

・経済産業省が行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」において採択された介護ロボット。 (経済産業省ロボットポータルサイトにて例示されています。 http://robotcare.jp/

3.  市場的要件

・販売価格が公表されており、一般に購入できる状態にあること。

 

以上の要件を満たす介護ロボットについては下記ポータルサイトに例示しておりますので参考にしてください。尚、リストはあくまでも例示であってこれに限定されるものではありません。

【 お問い合わせ先 】

老健局高齢者支援課 福祉用具・住宅改修係
電話番号 03-5253-1111(代表) 内線3985

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 介護・高齢者福祉 > 介護・高齢者福祉分野のトピックス > 介護ロボット等導入支援特別事業(平成27年度補正予算)

ページの先頭へ戻る