ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 「雇用労働相談センター」について

「雇用労働相談センター」について

 「雇用労働相談センター」は国家戦略特別区域法に基づいて設置されるもので、海外からの進出企業や新規開業直後の企業などが、日本の雇用ルールを的確に理解し、予見可能性を高めることにより、紛争を生じることなく円滑に事業展開できるよう、支援するものです。 
 また、長時間労働の抑制や雇用の安定等を図り、労働者が意欲と能力を発揮できるようサポートしています。 
 センターでは、弁護士や社会保険労務士といった専門家による相談への対応や外国語による対応、セミナーなどを実施しています。




ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 「雇用労働相談センター」について

ページの先頭へ戻る