ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 子ども・子育て > 子ども・子育て支援 > 母子保健及び子どもの慢性的な疾病についての対策 > 小児慢性特定疾病対策の概要

小児慢性特定疾病対策の概要

1. 事業及び目的

1、医療費助成

小児慢性特定疾病にかかっている児童等について、健全育成の観点から、患児家庭の医療費の負担軽減 を図るため、その医療費の自己負担分の一部を助成する制度です。

対象疾患群

1、悪性新生物 2、 慢性腎疾患 3、 慢性呼吸器疾患 4、 慢性心疾患  5、内分泌疾患  6、膠原病

7、糖尿病 8、糖尿病 9、血液疾患 10、免疫疾患 11、神経・筋疾患 12、慢性消化器疾患

13、染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群 14、皮膚疾患

※詳しい対象疾病は、下のリンクから小児慢性特定情報センターをご覧ください。

2、自立支援事業

慢性的な疾病を抱える児童及びその家族の負担軽減及び長期療養をしている児童の自立や成長支援について、地域の社会資源を活用するとともに、利用者の環境等に応じた支援を行う事業です。

2. 対象年齢

 18歳未満(引き続き治療が必要であると認められる場合は、20歳未満)の児童。

3. 実施主体

 都道府県、指定都市及び中核市

4. リンク

小児慢性特定疾病対策の詳しい内容(対象疾病や対象基準等)につきましては、以下のホームページをご参照下さい。

【問い合わせ先】

厚生労働省健康局難病対策課小児慢性特定疾病係
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL 03−5253−1111(内線7937)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 子ども・子育て > 子ども・子育て支援 > 母子保健及び子どもの慢性的な疾病についての対策 > 小児慢性特定疾病対策の概要

ページの先頭へ戻る