ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 研究事業 > 厚生労働分野の研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン

厚生労働分野の研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン

研究活動における不正行為に対しては、厚生労働省においても「研究活動の不正行為への対応に関する指針(平成 19 4 19 日 科発第 0419003 号厚生科学課長・医政病発第 0419001 号国立病院課長決定)」を策定し、研究活動が適正に行われるよう取り組んできたところです。

 しかしながら、昨今社会的に大きく取り上げられるような研究不正事案が発生しており、研究活動における不正行為への対応を強化するため、現行の指針に代えて「厚生労働分野の研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成 27 1 16 日科発 0116 1 号厚生科学課長決定)を制定するものです。

 なお、文部科学省が昨年 8 月に策定した「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」を踏まえた内容としています。



ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 研究事業 > 厚生労働分野の研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン

ページの先頭へ戻る