ホーム > ベトナム人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて

ベトナム人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて

 日・ベトナム経済連携協定(平成21年10月1日発効)の規定に基づき、平成24年4月18日に、両政府代表者により、日本によるベトナムの看護師・介護福祉士候補者の受入れの基本的な枠組みを定める法的拘束力を有する文書への署名・交換が完了し、その文書が同年6月17日に発効しました。これにより、平成26年度からベトナム人看護師・介護福祉士候補者の受入れが開始されました。
 既存のインドネシアやフィリピンからの受入れと比べて特徴的な点は、日本語能力試験N3(日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができるレベル)を候補者の入国要件として課すことです(ただし、第1陣の受入れから5年後に見直しを行い、改めて、日本語要件(さらに高いレベルとするかどうかなど)について日本側が判断することになっています。)。

1.受入れ実績

4.照会先

厚生労働省(代表)03-5253-1111

・あっせんの仕組み、受入れ最大人数、雇用管理その他全般
 職業安定局派遣・有期労働対策部
 外国人雇用対策課経済連携協定受入対策室(内線 5686)

・看護師国家試験、国家資格取得に向けた就労・研修
 医政局看護課(内線 4166)

・介護福祉士国家試験、国家資格取得に向けた就労・研修
 社会・援護局福祉基盤課(内線 2844 / 2867)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > ベトナム人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて

ページの先頭へ戻る