ホーム > インドネシア人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて

インドネシア人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて

  看護師・介護福祉士候補者の受入れを含む日・インドネシア経済連携協定は平成19年8月20日に両国首脳によって署名され、我が国国会の承認(平成20 年5月16)を経て、平成20年7月1日に発効しました。これにより、平成20年度からインドネシア人看護師・介護福祉士候補者の受入れが開始されました。

1 受入れ実績

3 滞在期間の延長

インドネシア人・フィリピン人看護師・介護福祉士候補者について、外交上の配慮として、一定の条件で、特例的な滞在期間の延長(1年間)を認め、候補者に、日本での就労・研修を継続しながらの追加的な国家試験の受験機会を提供することとなりました(平成23年3月11日、平成25年2月26日、平成27年2月24日閣議決定)。

【関連資料】

5 照会先

厚生労働省(代表)03-5253-1111

・あっせんの仕組み、受入れ最大人数、雇用管理その他全般
厚生労働省職業安定局派遣・有期労働対策部
外国人雇用対策課経済連携協定受入対策室
(内線 5686)

・看護師国家試験、国家資格取得に向けた就労・研修
医政局看護課(内線 4166)

・介護福祉士国家試験、国家資格取得に向けた就労・研修
社会・援護局福祉基盤課(内線 2844)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > インドネシア人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて

ページの先頭へ戻る