ホーム > 報道・広報 > 大臣記者会見 > 小宮山大臣閣議後記者会見概要



小宮山大臣閣議後記者会見概要

(H24.6.22(金) 10:26  〜 10:29   省内会見室)

【広報室】

《閣議等について》

(大臣)

 今日は特に私の方から申し上げることはありません。

《質疑》

(記者)

 小沢元代表のグループが一体改革法案の採決で反対をし、その後離党して新党結成というような動きも出ています。人数によっては、内閣不信任案の提出が可能になるというような可能性もありまして、政権そのものの危機に繋がるような動きですが、閣僚の一人としてこれをどう見ていらっしゃいますか。

(大臣)

 特に私からコメントすることはありません。

(記者)

 政権そのものが揺らぎかねない動きが出るとしたら、それはどういうふうに受け止めていらっしゃるのでしょうか。

(大臣)

 それは色々と個々の議員とお話をするなど色々な対応をしかるべく党の方でされていると思いますので、閣僚として特にコメントすることはありません。

(記者)

 てんかんなど意識障害を伴う病気を、健康診断などで会社側が把握したり、医療機関なりが把握して、事故防止に役立てていこうというお考えが厚労省さんの方にあると伺ったのですが、大臣はどういうふうに今後制度を持っていこうという構想を持たれているのか教えていただければと思うのですが。患者団体のこともあるので。

(大臣)

 それは厚労省がというのではなくて民主党が今検討されているところです。民主党として、意識障害などによって自動車の運転に支障をきたすおそれのある人への対策について、各省庁に関わる事項を横断的に検討している途中だと聞いています。その中には、厚生労働省に関わる部分もありますが、まだ今検討中の段階のものなので、現時点として厚労省が何か決定をしたということではありません。また、厚労省に関わる部分で、民主党から正式に検討が依頼されればそれは対応を検討していくことになります。

(記者)

 まだ、アイデア出しというか、まだ。

(大臣)

 今党の方が主体的にやっておいでなので、そこに協力していくというところです。

(了)

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 大臣記者会見 > 小宮山大臣閣議後記者会見概要

ページの先頭へ戻る