ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年7月 > (株)カネボウ化粧品、(株)リサージ及び(株)エキップの薬用化粧品の自主回収等の状況について



平成25年7月23日

【照会先】

医薬食品局安全対策課

安全使用推進室長 広瀬 誠   (内線2755)

課長補佐       黒羽 真吾 (内線2752)

(直通電話) 03 (3595) 2435

(代表電話) 03 (5253) 1111

報道関係者各位


(株)カネボウ化粧品、(株)リサージ及び(株)エキップの薬用化粧品の自主回収等の状況について

 株式会社カネボウ化粧品、株式会社リサージ及び株式会社エキップが製造販売するロドデノール配合の薬用化粧品については、7月4日(木)より自主回収に着手しているところです。本日、製造販売業者より、別添のとおり自主回収の状況及び白斑(肌がまだらに白くなった状態)の申し出件数等について報告を受けましたのでお知らせいたします。
対象となる製品を使用されている方におかれましては、製品の使用を中止し、製造販売業者の実施する自主回収にご協力いただくとともに、白斑等の症状がみられる場合には、製造販売業者に報告いただいた上で皮膚科を受診して下さい。
※ 日本皮膚科学会ホームページ上に、「診療対応可能施設」が掲載されていますのでご参照下さい。
別ウィンドウで開く http://www.dermatol.or.jp/info/news.html?id=108
なお、製造販売業者におきましても本日付で報道発表を実施する予定です。


<製造販売業者からの報告の概要>

1.自主回収の状況(平成25年7月19日現在)
 累計出荷数:約436万個
 回収数:約86.3万個
消費者から約36万個  回収率80.0%(推定家庭内在庫45万個)
店舗から約50.3万個 回収率86.8%(推定取引店在庫58万個)

2.白斑様症状の申し出件数(平成25年7月19日現在)
 白斑様症状の申し出件数:6,808件
 現在、順次申し出者を訪問し、確認を行っているところ。
調査結果がまとまった1,574件の状況は、以下のとおり。
症状なし又は該当商品使用なし  61件
回復・回復傾向 239件

3.製造販売業者での対応状況
  今回の事案を受け、日本皮膚科学会に「ロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会」が設置されたところであり(7月17日)、発症されたお客様の診断法や治療法に関する皮膚科医への情報提供・実態把握などを進めている。
別ウィンドウで開く http://www.dermatol.or.jp/info/news.html?id=108


(参考)
「(株)カネボウ化粧品、(株)リサージ及び(株)エキップの薬用化粧品の自主回収について(クラスII))」(平成25年7月4日 厚生労働省公表資料)
サイト内リンク http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000035xv0.html

「薬用化粧品の使用で肌に白斑が生じることがあります−株式会社カネボウ化粧品、株式会社リサージ及び株式会社エキップが製造販売した薬用化粧品の使用中止のお願い及び自主回収のお知らせ−」(平成25年7月4日 消費者庁公表資料)
PDF http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130704kouhyou_1.pdf

株式会社カネボウ化粧品
別ウィンドウで開く http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/

社団法人日本皮膚科学会
別ウィンドウで開く http://www.dermatol.or.jp/


厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年7月 > (株)カネボウ化粧品、(株)リサージ及び(株)エキップの薬用化粧品の自主回収等の状況について

ページの先頭へ戻る