ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年5月 > アラビア半島諸国で発生が報告されている新種のコロナウイルスによる感染症の呼称について



平成25年5月24日

厚生労働省健康局結核感染症課

感染症情報管理室長 中嶋 建介(内線2389)

課長補佐  難波江 功二(内線2373)

((代表番号)) 03(5253)1111

((直通番号)) 03(3595)2257

報道関係者 各位

アラビア半島諸国で発生が報告されている新種のコロナウイルスによる感染症の呼称について


 2012年9月より、アラビア半島諸国を中心に、新種のコロナウイルスによる感染症の発生が報告されています。
 今般、ウイルス分類に関する国際委員会(ICTV)のコロナウイルス研究グループが、本感染症の病原体名を「Middle East respiratory syndrome coronavirus(MERS-CoV)」と命名し、また、世界保健機関(WHO)も同名称の使用を開始しました。これを受けて、今後、厚生労働省では、当該感染症の病原体名を「MERS(マーズ)コロナウイルス」、また、感染症名を「中東呼吸器症候群(MERS)」と呼ぶこととしましたので、ご承知おき下さい。


厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年5月 > アラビア半島諸国で発生が報告されている新種のコロナウイルスによる感染症の呼称について

ページの先頭へ戻る