ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年4月 > 中国で発生している鳥インフルエンザA(H7N9)のウイルス株入手について



平成25年4月10日

厚生労働省健康局結核感染症課

感染症情報管理室長 中嶋 建介(内線2389)

課長補佐 難波江 功二(内線2373)

(代表番号) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3595)2257

報道関係者 各位

中国で発生している鳥インフルエンザA(H7N9)のウイルス株入手について


 今般、中国で患者が発生している鳥インフルエンザA(H7N9)に関し、国立感染症研究所より中国CDC(疾病予防管理センター)に対して、患者から分離されたウイルス株の分与を依頼していたところですが、本日午後10時頃、中国からのウイルス株が国立感染症研究所に到着しましたので、お知らせします。
 
 今後、本ウイルス株を用いて、ワクチン株の製造準備等、鳥インフルエンザA(H7N9)の対策に必要な準備を進めていきます。

 本疾患につきましては、これまでのところ、ヒトからヒトへの感染は確認されていませんが、厚生労働省では、引き続き、情報収集や調査研究を実施し、適切な対応を行っていきます。


厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年4月 > 中国で発生している鳥インフルエンザA(H7N9)のウイルス株入手について

ページの先頭へ戻る