ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年6月 > 胆管がんに関する労災請求について



平成24年6月25日

労働基準局安全衛生部計画課

課長 高崎 真一

課長補佐 佐藤 俊

(代表電話) 03−5253−1111(内線5471、5131)

(直通電話) 03−3502−6753

報道関係者各位


胆管がんに関する労災請求について


 印刷業に従事していた労働者に胆管がんが発症したとして、既に大阪府で、6名の労災請求がなされているところであるが、今般、宮城県でも新たに2名の労災請求がなされた。
 概要は以下の通りとなっている。


1 労災請求の概要
 今日(6月25日)、宮城県内の印刷事業場で印刷作業に従事していた労働者2名(30代男性、40代男性)から労災請求があったところ。

2 事業場の状況
 宮城県内の印刷事業場であり、労働者から聞き取った範囲で把握している情報は以下の通り。
 ・長時間の洗浄作業を行っていた
 ・地下室ではないが窓を閉め切っていた
 ・マスク及び手袋は着用していなかった

3 今後の対応
 今後、使用していた化学物質、特に洗浄で使用されていた溶剤や作業方法、換気の状況等について調査を行うことにしている。
 また、当該事業場の他の労働者、退職者についても早急に把握の上調査を進めることにする。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年6月 > 胆管がんに関する労災請求について

ページの先頭へ戻る