ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年5月 > 化学物質による健康障害防止対策の適切な実施を印刷業界に要請しました



平成24年5月21日

労働基準局安全衛生部

化学物質対策課長 半田 有通

課長補佐 搆 健一

化学物質情報管理官 寺島 友子

(代表電話) 03(5253)1111(内線5516,5511)

(直通電話) 03(3502)6756

報道関係者各位


化学物質による健康障害防止対策の適切な実施を印刷業界に要請しました


 厚生労働省では、印刷業はじめ多くの事業場で使用される一部の化学物質について、労働安全衛生関係法令に基づき、健康障害防止対策を進めています。
 今年3月、大阪府内の印刷事業場で印刷業務に従事した労働者から、胆管がんを発症したとする3件の労災請求事案がなされました。現時点では原因は不明で、現在、原因を究明中ですが、予防的観点から、今日(5月21日)、印刷業界団体に対して、労働安全衛生法令や大臣指針に基づく対策の適切な実施を要請しました。

 要請内容は、別添1のとおりです。
 
 また、各都道府県労働局長に対して、別添2のとおり、管内印刷事業場での化学物質による健康障害防止対策の適切な実施を図るよう通達しました。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年5月 > 化学物質による健康障害防止対策の適切な実施を印刷業界に要請しました

ページの先頭へ戻る