ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年5月 > ハローワークを通じた障害者の就職件数、約6万件となり、過去最高



平成23年5月15日

職業安定局高齢・障害者雇用対策部障害者雇用対策課

課長 山田 雅彦

主任障害者雇用専門官 田窪 丈明

障害者雇用専門官 鈴木 良尚

(電話) 03-5253-1111 (内) 5857, 5789

(直通) 03-3502-6775

ハローワークを通じた障害者の就職件数、約6万件となり、過去最高

(平成23年度・障害者の職業紹介状況等)


 雇用情勢が依然として厳しい状況にある中で、ハローワークを通じた障害者の就職件数は、平成22年度の52,931件から大きく伸び、59,367件(対前年度比12.2%増)と過去最高となりました。また、就職率も40.0%(同0.1%増)と、2年連続で上昇しました。


◎ポイント

○新規求職申込件数は148,358件で、対前年度比15,624件、11.8%の増。また就職件数は59,367件で、同6,436件、12.2%の増。いずれも全ての障害種別で増加しており、特に精神障害者の件数が大きく伸びている。

○産業別でみると、「医療・福祉」(13,751件)、「製造業」(9,282件)、「卸売業・小売業」(9,203件)での就職件数が多く、特に「医療・福祉」で件数が前年度から大きく伸びている。

○解雇者数は1,253人で、平成22年度の解雇者数を80人(同6.0%減)下回った。

詳細は別添のとおりです。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年5月 > ハローワークを通じた障害者の就職件数、約6万件となり、過去最高

ページの先頭へ戻る