ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年2月 > 平成24年度「技能検定試験」の概要の公表



平成24年2月15日

職業能力開発局 能力評価課

課        長 星 直幸

主任技能検定官 徳田 剛

(代表電話) 03(5253)1111(内線5944)

(直通電話) 03(3502)6958

報道関係者各位


平成24年度「技能検定試験」の概要の公表

−都道府県実施105職種、民間試験機関実施13職種の計118職種で実施−


 厚生労働省は、本日、技能の習熟度を評価する国家検定、「技能検定試験」の平成24年度の実施職種・日程などを決定しましたので、お知らせします。
 技能検定は働く上で身につけるべき、または必要とされる技能の程度を国として証明する制度で、合格した人だけが「技能士」を名乗ることができます。平成22年度の新規資格取得者数は約29万人で、昭和34年度の制度開始以来、これまでに約460万人が合格しています。
 平成24年度は118職種で実施し、うち105職種は都道府県が、13職種は民間の試験機関が試験を担当します。「試験案内開始日」は前期が3月1日(木)、後期が9月3日(月)で、都道府県を通じて都道府県における試験実施職種・日程等を案内します。

【都道府県が実施する職種(105職種)】
 試験は、職種ごとに前期・後期に分かれ、実技試験と学科試験を実施します。学科試験は職種ごとに試験日が異なります。詳細な日程は別添資料をご参照ください。

 <実施日程>

<試験実施内容の一例>(その他は添付資料参照)

<受検申請手続き>
 受検申請書を最寄りの都道府県職業能力開発協会から取り寄せ、受付期間内に都道府県職業能力開発協会へ提出してください。

<試験に関する照会先>
 都道府県 職業能力開発協会(詳細は添付資料参照)


【民間の試験機関が実施する職種(13職種)】
 ファイナンシャル・プランニング、知的財産管理など13職種は民間の試験機関で実施されており、試験の実施日程や受検申請のための手続きなども試験機関ごとに定められています。

<試験に関する照会先>
 各民間の試験機関(詳細は添付資料参照)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年2月 > 平成24年度「技能検定試験」の概要の公表

ページの先頭へ戻る