ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年10月 > 平成23年度に新たに確認された中国残留日本人孤児に関する情報公開調査を実施              



平成23年10月12日(水)

【照会先】

社会・援護局 援護企画課中国孤児等対策室

 室長補佐    神山   正  (内線 4530)

 班   長     関口 みどり  (内線 3493)

(代表電話)  03(5253)1111

平成23年度に新たに確認された中国残留日本人孤児に関する情報公開調査を実施              


 厚生労働省では、平成23年度に新たに確認された中国残留日本人孤児(1人)について、名簿はじめ関係情報を公表し、情報公開調査を行います。(前回調査は平成21年度)
 10月6日付けで、各都道府県に対し協力を要請するほか、本年度はインターネット上のユーチューブ「厚生労働省動画チャンネル」(http://www.youtube.com/ MHLWchannel)に動画を掲載(10月12日〜)し、広く情報提供を求めていきます。関係者からの肉親情報が得られるよう御協力をお願いします。
 なお、肉親の特定に結びつく情報があった場合には、本年11月29日から12月10日に実施予定の集団一時帰国による本人の訪日の際に、関係者との対面調査を行います。これらの詳細については、決定次第お知らせします。 

<配布資料>

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年10月 > 平成23年度に新たに確認された中国残留日本人孤児に関する情報公開調査を実施              

ページの先頭へ戻る