ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年8月 > 「有期労働契約に関する議論の中間的な整理」について



平成23年8月3日

労働基準局労働条件政策課

課長 田中 誠二

調査官 青山 桂子

課長補佐 澁谷 秀行

(電話代表) 03(5253)1111(内線5370)

(夜間直通) 03(3595)3183

報道関係者各位


「有期労働契約に関する議論の中間的な整理」について

〜労働条件分科会における、これまでの議論を整理〜


 労働政策審議会労働条件分科会(分科会長 岩村正彦東京大学大学院法学政治学研究科教授)では、本日、「有期労働契約に関する議論の中間的な整理」を取りまとめましたので、公表します。

 同分科会では、平成22年10月26日以降、有期労働契約の在り方について、その機能や実態、締結及び終了に関する事項、契約期間中の処遇や雇用管理等について、9回にわたり議論が重ねられてきました。

 労働者側、使用者側の委員の意見に、なお対立はありますが、各論点について一通りの検討を行った現時点において、労使の意見や今後の検討における留意点等を整理し、議論の状況を明らかにすることとしたものです。

 同分科会では、有期労働契約についての適切な政策的方向性を具体化すべく、更に議論を進めていく予定です。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年8月 > 「有期労働契約に関する議論の中間的な整理」について

ページの先頭へ戻る