ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年7月 > 毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年5月分)



平成23年7月19日

大臣官房統計情報部雇用統計課

課長 南 和男

課長補佐 平塚 洋一

企画調整係

(電話代表) 03(5253)1111(内線7609,7610)

(直通電話) 03(3595)3145

報道関係者各位


毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年5月分)


 毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年5月分)を厚生労働省のWebページに掲載しましたのでお知らせします。


【地域別特別集計について】
 毎月勤労統計調査では、臨時的な措置として、当分の間、東北電力・東京電力管内の東北・関東と新潟県及び山梨県の15都県を「東日本」、それ以外の32道府県を「北海道・中部・西日本」とし、この2区分で、既に提出された調査票を利用して地域別集計を行い、その集計結果を公表しています。
 今回は5月分を公表します。

【結果のポイント】
1 雇用についてみると、東日本では減少し、北海道・中部・西日本では増加している。一般労働者・パートタイム労働者別にみても同様の動きとなっている。
 特に、パートタイム労働者は、東日本での減少、北海道・中部・西日本での増加幅が月を追って拡大してきており、5月には大幅な増加・減少となった。
2 労働時間についてみると、総実労働時間では東日本で前年と同水準、北海道・中部・西日本では減少し、所定外労働時間では両地域とも減少している。
3 賃金についてみると、東日本では4月の減少から5月は増加に転じ、北海道・中部・西日本では、現金給与総額は前年とほぼ同水準、きまって支給する給与は
 減少した。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年7月 > 毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年5月分)

ページの先頭へ戻る