ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年7月 > タイ製やせ薬の個人輸入への注意を呼び掛け



平成23年7月7日

医薬食品局監視指導・麻薬対策課

補         佐 蛭田(2763)

薬事監視第一係長 大井(2767)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2436

報道関係者各位


タイ製やせ薬の個人輸入への注意を呼び掛け

〜都道府県等に注意喚起の徹底及び取締りの強化を依頼〜


 本日、東京都から、「MDクリニックダイエット」と称されるタイ製やせ薬から医薬品成分が検出され、同製品を服用していた20歳代女性の死亡事例が報告されました(別添1)。
※女性の体内からは、医療機関が処方した精神神経用剤が中毒量検出されているものの、同製品と死亡との因果関係も完全には否定できないとされています。
 「MDクリニックダイエット」、「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製やせ薬については、これまでも死亡事例を含む健康被害が多数報告されており、一般消費者へのさらなる注意喚起を行う必要があることから、厚生労働省において啓発用資料を作成し、本日付けで都道府県に対し、一般消費者への注意喚起の徹底・無承認無許可医薬品の取締りのさらなる強化を依頼しましたのでお知らせします(別添2)。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年7月 > タイ製やせ薬の個人輸入への注意を呼び掛け

ページの先頭へ戻る