ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年6月 > 東電福島第一原発内の医療体制が強化されます。



           平成23年6月30日

【照会先】

東電福島第一原発作業員健康対策室

(労働基準局安全衛生部労働衛生課)

(担当・内線)

労働衛生課長 鈴木 幸雄

          田原(内線5493)

(代表) 03(5253)1111

(直通) 03(3502)6755

(FAX) 03(3502)1598

報道関係者各位


東電福島第一原発内の医療体制が強化されます。


 このたび、東電福島第一原発内に、新たな医療施設の設置、医師の複数配置化により、医療体制が強化されることとなりましたので、報告いたします。


○ 現在、東京電力株式会社福島第一原子力発電所(以下「第一原発」という。)においては、事故の収束に向け、多くの労働者の方が作業に従事しています。
○ 第一原発に常時医師を配置する体制を整備する観点から、本年5月に、学校法人産業医科大学と(独)労働者健康福祉機構(※)に、医師の派遣を要請いたしました。
○ このたび、別紙1・2のとおり、東京電力株式会社が第一原発内に医療施設を新たに設置し、その施設に7月1日より、緊急被ばく医療等の専門医を中心とする医療チームが新たに派遣されることとなりました。
○ これにより、熱中症の多発が危惧される7月から9月の間、医師の複数配置化が実現します。

(※)全国30ヶ所の労災病院を運営。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年6月 > 東電福島第一原発内の医療体制が強化されます。

ページの先頭へ戻る