ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年5月 > ハローワークを通じた障害者の就職件数、5万件を超え、過去最高



平成23年5月13日

職業安定局高齢・障害者雇用対策部

障害者雇用対策課

課長 山田 雅彦

主任障害者雇用専門官 田窪 丈明

障害者雇用専門官 鶴谷 陽子

(代表電話) 03(5253)1111(内線5857、5789)

(直通電話) 03(3502)6775

ハローワークを通じた障害者の就職件数、5万件を超え、過去最高

平成22年度・障害者の職業紹介状況等


  厚生労働省は13日、平成22年度の障害者への職業紹介状況をまとめましたので、公表します。
 ハローワークを通じた障害者の就職件数は、雇用情勢が厳しいにもかかわらず、平成21年度の45,257件から大きく伸び、過去最高の52,931件(対前年度比17.0%増)となりました。
 就職率も39.9%(同3.9%増)と、平成18年度以来、4年ぶりにプラスに転じました。


◎ポイント
 ○精神障害者の就職件数が大きく伸び、初めて知的障害者を上回った。
   精神障害者14,555件(対前年度比3,626件、33.2%増))知的障害者13,164件(対前年度比1,724件、15.1%増))
 ○新規求職申込件数は132,734件で、同6,846件、5.4%の増。特に、精神障害者の申込件数が39,649件(同6,372件、
   19.1%の増)と大きく増加している。
 ○産業別でみると、医療・福祉(10,483件)、製造業(8,773件)、卸売業・小売業(8,754件)での就職件数がそれぞれ増加した。
 ○解雇者数は1,333人で、平成21年度の解雇者数を1,021人(同43.4%減)下回った。



  

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年5月 > ハローワークを通じた障害者の就職件数、5万件を超え、過去最高

ページの先頭へ戻る