ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年5月 > 障害者の雇用状況に改善が見られない6社(うち再公表2社)を公表します



平成23年5月13日

職業安定局高齢・障害者雇用対策部

障害者雇用対策課

課長 山田 雅彦

主任障害者雇用専門官 田窪 丈明

障害者雇用専門官 鶴谷 陽子

(代表電話) 03(5253)1111(内線5857、5784)

(直通電話) 03(3502)6775

障害者の雇用状況に改善が見られない6社(うち再公表2社)を公表します

〜障害者の雇用の促進等に関する法律第47条に基づき実施〜


  厚生労働省は13日、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(障害者雇用促進法)第47条に基づき、当省の繰り返しの指導にかかわらず障害者の雇用状況に改善が見られない6社について、次の通り企業名を公表(うち2社は再公表)します。


1 平成21年3月に企業名を公表した企業で、依然として改善が見られず、今回、再公表となった企業 :
 株式会社ナガワ
  (本社:埼玉県さいたま市、代表者 高橋 修、物品賃貸業)
 キャリアビジネス株式会社
  (本社:東京都新宿区、代表者 横山 誠、労働者派遣業)

2 平成22年度特別指導対象企業のうち、改善が見られず企業名を公表することになった企業 :
 株式会社キャメル珈琲
  (本社:東京都世田谷区、代表者 尾田 信夫、卸売業・小売業)
 株式会社ソリトンシステムズ
  (本社:東京都新宿区、代表者 鎌田 信夫、情報通信業)
 株式会社KATEKYOグループ
  (本社:長野県長野市、代表者 瀧澤 邦雄、教育・学習支援業)
 アイスター株式会社
  (本社:大阪府大阪市、代表者 松本 一則、情報通信業)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年5月 > 障害者の雇用状況に改善が見られない6社(うち再公表2社)を公表します

ページの先頭へ戻る